結婚指輪と婚約指輪について

|

婚約指輪と結婚指輪の違いって?
意味や価格を徹底比較!

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)、どちらも結婚に際して用意する指輪だけれど、どんな違いがあるの?と思っている人(特に男性!)も意外に多いのでは? 今回、婚約指輪と結婚指輪の意味合いや価格相場についてご紹介!

結婚式で、新郎と新婦が交換をする結婚指輪。指輪の円は終わり無く続く永遠のシンボルと言われています。その結婚指輪を贈りあい誓いを立てることで、永遠の愛情を約束します。男女ペアで選ぶことが一般的で日常生活でも常に身につける方が多いリングです。
左手の薬指に身に付けるのは、古代より左手薬指と心臓は1本の血管で繋がっていると信じられ、薬指には魔力があり傷や病気を治すことができるとも考えられていました。そんな強い力を持つ薬指。だからこそ、ふたりの「心と心をつなぐ」という意味合いで一般的になったとされています。

婚約指輪と結婚指輪、それぞれどんな意味合いがあるのでしょうか。
婚約指輪は婚約の証しとして男性から女性へと贈るもの 。一方、結婚指輪は 結婚の記念にふたりで購入するもの で、意味合いが異なります。 結婚の記念となり、ふたりと共に長い人生をずっと一緒に歩んでいくものだから、納得してお気に入りのリングを選んでいきましょう。

婚約指輪は男性がサプライズで用意して、プロポーズの際に贈るというイメージを持っている人も多いと思いますが、プロポーズ後にふたりで購入してももちろんOKです。指輪のデザインなどにこだわりがある女性の場合は、その方が無難かもしれません。一方、結婚指輪は結婚後に日常的に身に着けるため、生活の邪魔にならず、着け心地なども重視してふたりで選ぶ人がほとんどです。

婚約指輪と結婚指輪、それぞれの価格相場は?

婚約指輪の平均価格は36万5000円 、 結婚指輪の平均価格は2つで24万4000円 となっております。(ゼクシィ結婚トレンド調査2018/全国推計値)。

婚約指輪はダイヤモンドを飾るのが一般的で、そのために価格も高くなる傾向にあるようです。結婚指輪は日常的に身に着けるものなのでシンプルなデザインを選ぶ人が多く、そのため価格も婚約指輪に比べると安くなりますね。ちなみに、婚約指輪は給料の3カ月分ともいわれていますが、この結果を見るとだいたい給料の1カ月分というのが今の相場というのがわかりますね。

婚約指輪は絶対に必要なもの?

結婚指輪はほとんどのカップルが用意するものの、婚約指輪はふたりで話し合った結果、購入しなかったというカップルもいるようです。その理由として、婚約指輪は華やか過ぎて日常的に身に着けられない、だからもったいない。婚約指輪にかかる費用を新婚旅行などに充てた方が有意義では?といった理由もあるようです。

一理あるかもしれませんが、 婚約指輪はふたりにとってこの時期にしか用意できない大切なもの 。身に着けるたびにもらったときの新鮮な気持ちを思い出し、初心に帰ることができるのはないでしょうか。デザインに留意して選べば日常的に身に着けられ、結婚後も身近な存在として楽しめるので、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

どんなデザインがあるの?

婚約指輪の定番は 大きなダイヤモンドが1粒飾られた立て爪(ソリティア)リングです 。ただ、日常的に着けづらいとして最近は敬遠されることも多いそう。そうした声に応えて、最近では爪があまり高くないタイプのソリティアリングも多数出ています。人気が高いのは、 センターダイヤモンドの脇にメレダイヤをちりばめたデザインでダイヤモンドを整然と並べたエタニティリングは結婚指輪として身に着ける人いらっしゃいます。

結婚指輪はかつては何も飾りのないシンプルなデザインが主流だたのですが、現在は 女性用リングはメレダイヤモンドをあしらった華やかなもの が人気を集めています。男性でも小さなバゲットダイヤモンド(四角くカットしたダイヤモンド)をあしらった指輪を選ぶ人もいらっしゃるようでデザインのバリエーションは増えていて、選ぶ楽しみは大きくなっています。

長くなりましたが、最後までご覧いただきましてありがとうございました。