Sone thing ✳︎✳︎✳︎

|

こんにちは!THE WEDDING TOWNです。

みなさん海外ではポピュラーな
結婚式のおまじない
【サムシングフォー(Something four)】を
ご存知でしょうか?

今回は【サムシングフォー(Something four)】
についてご紹介させて頂きます!

サムシングフォーとは?

サムシングフォー(Something 4)とは、
直訳すると『4つの何か』であり、
結婚式で花嫁の幸せを願う
4つのアイテムのことです。

イギリスの童謡集
『マザー・グース』に出てくる、
次のような詩に由来します。

“Something old, something new, something borrowed, something blue, and a sixpence in her shoe.”—「何か古いもの、新しいもの、借りたもの、青いもの、そして靴の中に6ペンス銀貨を」—

これらを結婚式の日に身につけると、
その花嫁は幸せになれるというおまじないです。
この“Something **”にあたる4つのアイテムが
「サムシングフォー」。
ヨーロッパでは200年以上前から
取り入れられていて、
それぞれに素敵な意味が込められています。

では、その4つのアイテムには
どんな意味があるの?
結婚式ではどんなふうに
身につけるのがいいの?
それぞれに込められた意味、
取り入れ方のヒントを説明していきます。

SOMETHING OLD
(なにかひとつ 古いもの)

ひとつは『古いもの』。
これは、『花嫁』と
『先祖から受け継がれてきた家族の絆』と、
『富』や『伝統』などを象徴するもの。

つまり、この『古いもの』は
結婚してからの繁栄を祈るために
身につけます。

一般的には母親や祖母のネックレス、
イヤリングなどのアクセサリーや、
ハンカチ、スカーフなどが多いようです。

SOMETHING NEW
(なにかひとつ 新しいもの)

ひとつは『新しいもの』。
これは、結婚してから始まる二人の
新しい生活を象徴するものです。

何か新しいものを身につけることで、
新しい生活、これから築き上げていく
幸せへの心構えを示す、ということなんです。

結婚式当日は、手袋、靴、
下着など何でもいいので、
何かひとつ新しいものを身につけて。

SOMETHING BORROWED
(なにかひとつ 借りたもの)

ひとつは『借りたもの』。
これはすでに結婚して
幸せな結婚生活を送っている人から
その幸せを分けてもらう。
という願いが込められたものです。

結婚し、幸せを掴んだ家族や友人から
アクセサリー、ハンカチ
スカーフなどを借りたり、
リングピローなどを
借りたりすることが多いようです。

SOMETHING BLUE
(なにかひとつ 青いもの)

ひとつは『青いもの』。
青という色は
『花嫁の純潔』を意味する色で、
これは聖母マリアの
シンボルカラーであることに由来し、
このサムシングブルーは
目立たないところに取り入れるのが
良いとされています。

ブーケやヘッドドレスに
青い花を用いったり、
ガーターベルトに
青いリボンを入れるなど、
様々な方法で取り入れられています。

SOMETHING 4は
花嫁にとっての強いお守り

花嫁自身はもちろん、家族や友人など
みんなの思いが込められた
サムシングフォー。

結婚式では“おなじない”というよりは
むしろ花嫁にとって心強い
“お守り”になってくれそうですね。

結婚式の演出に取り入れたりすれば、
安心して新しい人生への一歩を踏み出せそう。
そしてサムシングフォーにまつわる
アイテムや演出を考えるだけで、
結婚式当日へのワクワク感を
高めてくれるはず。
自分らしさを大切にしつつ、
自由な発想で上手に結婚式に
取り入れてみてください!

最後までご覧いただき
ありがとうございました。